あいさつ

おはようございます。G2(@G2U)です。
普段はC#で色々書いたり画像処理やら物理学やら何やらをしています。

株式会社ドリコムさんで8/6~8/17の二週間、サマージョブ をさせていただきました。
今回はその体験について書いていきます。

ドリコムってどんなことやってる会社?

皆さんはドリコムという会社をご存知でしょうか?

ドリコムはソーシャルゲームの開発・運用や、インターネット広告関連の事業を展開している企業です。

エンジニア的なところから見ると、日本でも早期にElixirを採用するなど、新しい技術の導入などにも積極的な企業です。

やったこと

デスク。二枚ディスプレイを貸してもらって自宅のような安心感。

テーマ

私はUnityで開発されたスマホ向けゲームのチームで働かせていただきました。

50人以上の規模のチームで、デザイナー、エンジニア、企画、QA(品質保証)といった役割の方々が働いていました。
こういった規模の環境で働いたことがこれまでなかったのでとても新鮮であり、また得られるものも多かったです。

私のいただいた職務はクライアントサイドのエンジニアです。
就業形のインターンということで、実際に運用中のコードを改良する仕事を頂いて、それをメインで二週間作業していました。
具体的なテーマはNPCの改良です。
現在のNPCは選択の幅が狭く、強さもアルゴリズムに基づいて強弱をつけられないということで、メンターさんから実装の手法の助言を頂きつつ新しいNPCの思考ルーチンを作成するということを行いました。
趣味でやっていた画像処理の知識などを活かせたので、知識の引き出しは大事だなあと感じました。

なんのために?を考える

今回すごく考えさせられたのは「なんのためにそれをするのか」ということです。
実際にゲームを作るにあたって「なんのためにそれをするのか」を考えることは大事だということを確認するとともに、この「なんのため」という部分を根本に持っておくことの重要性を強く感じました。

「NPCの改良」の場合はNPCの強弱がつけられたり、NPCの判断にバリエーションを作れると何が嬉しいかということになります。

今回の一番大事な「なんのため?」は「ユーザーに楽しくプレイしてもらう」ということでした。
初心者には初心者用のNPC、上級者には上級者用のNPCが割り振られたほうが楽しいはずです。また「余裕の勝負を勝つ」よりも「接戦を制する」ほうが楽しいでしょう。
また、NPCの選択の幅が広がるとユーザーはNPCに対する飽きを感じにくくなりますし、NPC対戦がよりリアリティを持つようになります。これも楽しさの一つです。

そういう「なんのため?」をきちんと考えて忘れないこと。実装に悩んだりしたら根本にある「なんのため?」に立ち戻って考えると思わぬ解決策が見つかることもあるといったことを学んだ二週間でした。

学んだこと

やったことでも学んだことは書いたのですが、他にも学べたことは多かったです。

開発手法

例えば学べてよかったということに開発手法のことがあります。
大きなプロジェクトにおけるゲーム内イベントの管理、巨大なソースコード・リソースの共有方法、コミットしてプルリクするまでの流れ、サーバーインフラの話と言ったような技術的な所から、最近流行り(らしい)スクラム開発の運用方法、情報の共有方法、様々なことを見て、体験して、手や口や耳を動かして学ぶことができました。
特に、大きなプロジェクトにおける実装の仕方やタスク・スケジュール管理の内容は、個人や小規模の開発でも活用できそうな内容が多くてためになりました。

人との関わり

また、エンジニアを始めとする色々な方とお話する機会をいただけたという点でも非常にありがたい経験でした。
色々なエンジニアの形、働き方ということを学べて、将来どういう方向を目指したいかと言ったことの参考になりました。
また、今回ついてくれたメンターさんが「師匠」と呼びたくなるような深い知識を持った方で、色々な質問をして様々なことを学べました。ゲーム開発に限らない色々なところで役立つ話(例えばインフラ構築の話やデザインパターンの話からメモリ管理の話まで)を聞けて、とても楽しかったです。
実は面談の際にこの方のもとで働いてみたいといったことを人事さんに言っていたので、その希望を通していただいた形でした。人事さんとメンターさん、受け入れていただいたチームのかたには本当に感謝しています。

食べたものとか

ここまでは真面目に書いてきたのでここからはこぼれ話です。こっちが本編じゃないです。

初日の衝撃

初日のお昼にメンターさんにお昼に連れて行ってもらった時の写真です。この写真、どこで撮ったかわかりますか?

叙々苑です。


口の中で本当にお肉が溶けてビビりました。

正直「え、いいの?」という感じだったんですが、お肉を口に運んだ瞬間全部を忘れてめちゃくちゃ食べました。

二日目以降も人事の方に色々な社員さんとのランチを設定してもらったり、開発チームの方が連れて行ってくれたりといった形で目黒近辺の美味しいものをたくさん食べました。美味しかった……!
ランチ中に色々としていただいた話も結構面白くて、本当に良い時間でした。

ハイライト

ピックアップです。

肉!

肉!!

魚!!!

ごちそうさまでした!!!!

飲み会

ランチで一度ご一緒させていただいた @grem_ito さんに誘ってもらって、一度会社の4人位で飲む会を開いてもらったりもしました。
飲みの席だからこそできるような話(社外秘な話とかじゃないです)もしていただけてとても楽しい時間でした、楽しくて写真撮り忘れたので写真なしです。やってしまった……。

ごちそうさまでした!

飲みその2

最終日には成果発表会と懇親会があったのですが、そのあとに同じチームの方に居酒屋に連れて行ってもらいました。
これまであまりお話したことの無いような世界で生きてきた方だったので、色々とためになる話を聞かせてもらえて楽しかったです。
美味しかったです。

ごちそうさまでした!

まとめ

最後の方ごちそうさましか言ってなくてすみません。

総括としては、本当に良い二週間だったということに尽きます。
二週間とても良くしてもらえました。

これから頑張っていこうというモチベーションがメチャクチャ上がりましたし、今後の生き方、働き方の参考にもなりました。

もしインターンを考えている学生の方がいましたら、「ドリコム サマージョブ」で検索してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク