サーバー移行時のプラグインエラー

WordPress のサーバーを移行すると、WP Super Cache や WP-DBManager などのプラグインがエラーを吐くことがあります。
特に WP Super Cache のエラーでは管理画面が表示されなくなるなど、致命的なエラーとなる場合があります。
そうなるとプラグインが無効化できませんので、どうすれば良いか途方に暮れることになるでしょう。

プラグインエラーの対処法

もしもプラグインを無効化できなくなったときは、落ち着いてサーバーに FTP などでアクセスしたあと、/wp-content/plugins  ディレクトリの名前を変更します。例えば /wp-content/plugins-tmp などとします。
こうすると WordPress がプラグインを認識できなくなるので、該当するプラグインが実行されなくなり、管理画面に問題なく入れるようになります。

次に、/wp-content/plugins ディレクトリを再度作成し、/wp-content/plugins-tmp に移したプラグインを/wp-content/plugins に戻していきます。
このときプラグインは無効化されていますので、管理画面から有効化してください。

もしもプラグインを戻してまたうまくいかないようでしたら、同様の手順を行い、今度は問題があるであろうプラグインのディレクトリを削除してしまいましょう。
同時に、削除するプラグインに関連するファイルの削除も行ってください。
削除したプラグインは、あとで管理画面からインストールし直します。

私の環境では、これで問題なく動くようになりました。

もしもこれでだめならプラグイン以外が原因の可能性が高いので、別の方法を検索してください。

スポンサーリンク