Twitterで使えない特殊なユーザー名まとめもつくったのでそちらもぜひ

今回もTwitterをやっていて気になったことがあったのでわかる範囲でまとめてみようかと。

なお以下の内容は使っているアプリやブラウザによってまったく異なる動きを示す場合があるのでご注意ください。

Twitterでユーザーページにアクセスする方法にはその人のつぶやきから行く方法・つぶやき中の@○○○ から行く方法・URLから行く方法・スマートホンなどのアプリから検索して行く方法等があります。

いずれの場合もユーザーページへは【https://twitter.com/○○○】この形でアクセスすることになります。

ここでピンときた方もいるかもしれませんがまずはこちらのURLをご覧ください【https://twitter.com/friends

通常であれば@friends さんのユーザーページに行くはずです。しかしTwitterでは自分のフォロワーを表示するページへのURLも用意されています。それがこちら【https://twitter.com/friends

見てわかるようにURLが一緒なんです。

このせいでwebからアクセスしようとした場合などで、ユーザーページにアクセスできないことがあるんです。

こういったアカウントにはどのようなものがあるのか見つけた限り書いておきます。

()内は飛んでしまう可能性があるページを示しています。

@home (ホームTL)
@friends (自分のフォロワー一覧)
@followers (自分のフォロワー一覧)
@about (Twitterについて)
@tos (規約)
@privacy (プライバシーポリシー)
@jobs (求人)
@search (検索)
@list (自分のリスト)
@signup (新規アカウント作成)
@settings (設定)
@tweetbutton (Twitter Buttonについて)

こういったURLの重複が起きないようにするために、予約されていて使えないユーザー名がいくつかあるようです。
@following (自分のフォロー一覧)
@who_to_follow (おすすめユーザー)
@login (ログイン)
@lists (自分のリスト)
@activity (アクティビティ)
@intent (tweetbuttonからの投稿)

おそらくTwitter初期にこのようなアカウントが作られてしまい、運営が対策を始めたころにはもう@following @who_to_follow @login @lists @activity 以外のアカウントはあらかた取られつくされていたんでしょう。詳しいことはわかりませんが。

他にもまだあると思うので見つけた方がいたら教えていただけるとありがたいです。

さて最後に一つ。どうしてもPCなどからそのアカウントにアクセスできない場合はURL内のユーザー名をどこか大文字に変えてみてください。

例 : https://twitter.com/friendS

ユーザー名は大文字小文字の区別はなく、しかしURLには大文字小文字の区別があるのでURLの重複がなくなりユーザーページにアクセスできるはずです。


 2013/12/20 @list @signup @login @lists @activity を追加
 2013/12/22 @settings を追加
 2014/1/26 @intent @tweetbutton を追加

スポンサーリンク