Twitterに新機能が追加されました。その名も

「There’s a #FirstTweet for everything.」


ぺージの画像はこんな感じ

ObamaFirst


日本語では「気になる人の #FirstTweet を探しましょう。」と銘打たれたこのサービス。
内容は指定したユーザーの最初のツイートを表示するというもの。これはまたTwitterの運営も愉快な機能を実装してくれました。自分の最初のツイートを見て昔を思い出すのはもちろん、有名人の最初のツイートを見てみたり、知り合いのツイートをあさったりしてみるのも面白いかもしれませんね。

ページへのリンク

英語ぺージ  https://discover.twitter.com/first-tweet
これでも可   https://first-tweets.com
日本語ページ https://discover.twitter.com/ja/first-tweet

一応言っておくと
・https://discover.twitter.com/ja/first-tweet#[ユーザー名]
の形でアクセスすれば一発で目的ページへ飛ぶことができます。




関連した小話

このサービスで表示されたツイートを消すと、ツイート数が多い人(あるいはアカウント歴の長い人?)の場合その次のツイートが反映されるまで、ものすごく時間がかかるようです。反映されるまでの間「Check out the first Tweet by [ユーザー名]」という文字のリンクが表示されるのですが、それをクリックすると、そのアカウントは凍結していないにも関わらずなぜかアカウント凍結ページへ飛んでしまいました。凍結したアカウントをこのサービスで表示した場合と全く同じ表示だったので、まあそういうバグなんでしょう。このサービスが始まった直後に確認した現象なので今後修正されるとは思いますが一応メモ代わりに書いときます。(ちなみに一か月以内に作ったアカウントでは何の問題もありませんでした)

スポンサーリンク