RStudio

RStudioはR言語のIDE(統合開発環境)です。
R言語はオープンソースの統計処理用プログラミング言語です。

今回はBoWでRStudioを実行できるところまでやってみました。簡単なことしか試していないので、色々とやった際に安定して動作する保証はありません。
そもそも、RStudioやR言語はWindows上で利用できるので、あまり需要はないかもしれませんね。

Xサーバー環境の準備

Xサーバー環境を作っていない場合は、Windows上にXmingなどのソフトウェアをインストールする必要があります。
次のサイトからPublic Domainとなっているバージョンの「Xming-fonts」と「Xming-mesa」をダウンロードしてインストールしてください。
Xming X Server for Windows – Official Website

R のインストール

R言語の実行環境を作ります。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install r-base

RStudio のインストール

まず依存関係をインストールしたあと、公式サイトからパッケージをダウンロードしてインストールします。

$ sudo apt-get install libjpeg62 libgstreamer-plugins-base0.10-0  libgstreamer0.10-0
$ wget https://download1.rstudio.org/rstudio-1.0.44-amd64.deb
$ sudo dpkg -i rstudio-1.0.44-amd64.deb

RStudio の実行

Windows上でXmingを起動したあと、次のコマンドを入力すればRStudioを起動できます。

$ rstudio &

実行できると次のようになります。

試しに

> install.packages("ggplot2")

でggplot2をインストールした後に、

> plot(iris)

でirisデータをplotしてみました。

環境構築の参考にしていただけると幸いです。

スポンサーリンク